いらっしゃいませ♪

すみか

Author:すみか
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
こちらは徒然花茶☆読書ブログ
分室です。
ご感想等のコメントはご自由に書いていただけると嬉しいです。コメントスパムが多いので認証制にしました。手間がかかりますがよろしくお願いします。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


▲ただ今リニューアル中です。
時々リンクが変だったりしますが
見なかった振りしてくださいませ。

最新トラックバック
アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

 
--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年12月13日(日)

ポルチーニ茸のクリームパスタ

乾燥ポルチーニが手に入ったら、ぜひ♪
豊潤な香りがたまらない一品です。でも作り方は簡単(ここが重要)。

今回はイタリアで買ってきたカラフルなフェットチーネで作りました。
ゆでると普通のフェットチーネの倍くらいの幅に。厚味もあって、もっちりした食感です。
カラフルだけどすべて天然色素なのだそう。
fettuccine.jpg

それなのに、美味しそうな画像が撮れなひ…。でも味は最高に美味でございます♪
fettuccine_02.jpg


【ポルチーニ茸のクリームパスタ】
[材料] (2人分)
・フェットチーネ……160~200g
・乾燥ポルチーニ……15~20g
・戻し用のお湯……200cc
・にんにく(みじん切り)……1片
・バター……20g
・生クリーム……140cc
・白ワイン……大さじ2
・塩……適量(好みでこしょう少々)
・パルメザンチーズ……大さじ2

1.小さくちぎったポルチーニを分量の湯に入れて15分ほどおき、戻しておく。戻し汁も使います。
2.パスタを茹ではじめる。アルデンテに!
3.フライパンにバターとにんにくを弱火にかけ、香りを移す。
4.戻したポルチーニと戻し汁を入れて煮つめる。
 水分が半量くらいになったら、白ワインと生クリームを加える。
5.パスタが絡む程度にソースを煮つめ、塩(こしょう)とパルメザンチーズを加え、
 パスタを手早く絡める。
 飾り用にイタリアンパセリなどあればラッキー(笑)。

*旨みがとけた戻し汁は必ず入れること!
 煮つめてとろみが出てくると、クリームがポルチーニの茶色になります。
*パスタはスパゲティでもいいけど、フェットチーネの方がもっちりとソースがよく絡みます。


こんなフェットチーネも。
fettuccine_01.jpg
このギザギサのせいか、「義母の舌」という意味の名前がついているのだそうです。
どこの世界も嫁と姑はムムム…なのねー(笑)。



スポンサーサイト
2009年12月13日(日)

アサリとオリーブのパスタ

アサリから出るだしが美味しいスープになります。

[材料] (2人分)
・ショートパスタ……160g(リボン、シェル、オレキエッテなど)
・あさり(殻付)……400g
・プチトマト……10個(ホールのまま)
・オリーブの実……15個(ホールのまま)あれば種抜きの方が食べるとき面倒ではない(笑)。
・アンチョビ……好みで1~3枚(細かく刻む)
・ケイパー……大さじ1
・オレガノ……適量
・オリーブオイル……大さじ3
・白ワイン……1/4カップ
・塩、黒胡椒
・パルメザンチーズ

[作り方]
1.深鍋にたっぷりの水を沸騰させひとつかみの塩を加え、パスタを茹でる。
2.平鍋にオリーブオイル、あさり、オリーブの実、アンチョビ、ケイパー、プチトマト、
 オレガノを入れてから火にかける。
 白ワインを注ぎ、フタをして蒸し煮にする。
3.貝の殻が開いたら、茹で上がったパスタと合わせて、塩・黒胡椒して味を調える。
 最後に好みでオリーブオイルをかけて香りをつける。
4.パルメザンチーズを添えてテーブルへ。

2009年12月13日(日)

ヘルシーな簡単トマトソースとバジルのパスタ

イタリア珍道中を書く時間がとれないまま、
先にお土産に買ってきたパスタのレシピ3種、ご紹介です。
友達にはもうパスタは送ったのだけど(それでも1ヶ月近く遅れた…)、
鬼畜なことに、今ごろレシピを書く私…。
もはや食べてなくなっているような気がしないでもない――。

で、まずはオールマイティな、
【ヘルシーな簡単トマトソースとバジルのパスタ】

[材料] (2人分)
・パスタ (ロングでもショートでも)……160~200g
・あさり(殻付)……400g
・トマト水煮缶……大1缶
・玉ねぎ……1/4個
・バジル……3~5本(飾り用に何枚か残してみたりみなかったり)
・オリーブオイル……大さじ2
・塩

[作り方]
1.小鍋にトマト、適当な大きさに切った玉ねぎ、バジル(大きい葉はちぎる)、
 オリーブオイル大さじ1、塩少々を入れて中火にかける。
 時々かき混ぜながら、とろりとするまで煮る。
2.フライパンにトマトソースを移し、アルデンテにゆでたパスタを入れて和える。
 塩で味を調え、オリーブオイル大さじ1を加えて混ぜる。
3.仕上げに飾り用の生バジルの葉を散らす。(なくても可、というか、私はやったことがないけど)
 お好みで粉チーズをかけて。

*トマト缶によっては酸味が強い場合があるので、
 パスタに絡める前に味見して、ハチミツや砂糖で調整する。



あ、画像がない…っ
どこに消えたんだろう??


追記:友人がファルファッレ(蝶の形をしたパスタ)を料理した画像を送ってくれました。
2009年08月21日(金)

葉唐辛子の季節なのだ! 

ババくさかろうと(←友人に言われた…泣くぞ)、
自分で作った葉唐辛子の浅煮(佃煮ほどしょっぱくしない)が美味なのです。

でも怖いのは、カプサイシン。
ヒリヒリ痛いの、カプサイシン~。

ちょっといろいろ疲れているので、今年は少し少なめの三把でがまん。
で、むしったんだけど、例年に比べると何だか葉っぱが少なく感じる…。

090817_1811~01
コレだけ?
測ったら400gくらいしかなかった。


それなのに、青唐辛子は見事に多い。
っつーか、多すぎじゃないか?
いつもこんなにあったっけ?

090817_1810~01

いかにしてくれよう、この青いヤツら。

カプサイシンとの闘いはまだ続く…。
負けないもん。


葉唐辛子2006版←レシピはこっち。

葉唐辛子2007版
   両方ともなぜか画像が消えてた…。


2009年05月03日(日)

公園のさくらんぼ♪

二月の寒空に咲いていた公園の桜にたくさんの実がなっていました。
散歩の友・愛犬と、ちょっと摘んで口にぽんっ。
普通のさくらんぼの1/3くらいの小粒だけど、ちゃんと甘酸っぱいさくらんぼの味がします。
最近のお子どもは摘んで食べたりしないらしい……。
やたっ!食い放題だぜいっ(笑)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。